長髙様の寺社参詣

2017年03月21日(火)

如水公ご法要の翌21日、長髙様は黒田家所縁の寺社である光雲神社、桜井神社、高祖神社と金龍寺を参詣されました。

藤香会から毛屋副会長、田島事務局長、篠原理事、天本理事、事務局の松尾さんと黒田奨学会から田中事務局長(当会理事)が同行しました。

高祖神社は本殿の修復が終わったばかりで、檜皮葺きの屋根と彩色を施した彫刻(野狐や木瓜紋など)が印象的でした。修復のための奉賛会は長髙様が名誉会長を務められ、工事は福岡県有形文化財のため平成24年7月から平成29年3月までと4年9カ月に及ぶことになったということでした。

その後、高祖神社の隣に位置する金龍寺を見学されました。この糸島地方を治めた原田氏の歴代御廟のある寺ですが、長政公の二男である政冬公(母は筑紫広門の女)の墓所もあり、黒田家准菩提寺として慕われています。

高祖神社の扁額

葺きかえられた檜皮葺きの屋根

彩色を施された彫刻(野狐と木瓜紋)

高祖神社参詣を終えて

黒田政冬公のお墓(金龍寺)

 

ページの最初に戻る

Copyright Toukoukai all rights reserved.